Car

車の年式が古くなると上がる税金は自動車税と重量税、タイミングは13年と18年の2段階!?

さらおです。

5月に来る通知といえば自動車税!うちの車は年式が古いので自動車税が上がってました・・・

登録から13年経つと自動車税と自動車重量税も上がるんですよね、詳しく知らないので調べてました。

自動車税と自動車重量税について

では、自動車税と自動車重量税について調べてたので紹介します。
※この情報は2021年5月時点のものです

自動車税(都道府県税、市町村税)

自動車税は4月1日現在、車を所有者として自動車車検証に記載されている方が対象です。毎年5月初旬に納税通知書が届き、5月末までに納める必要があります。

自動車税は排気量ごとに課税され、ガソリン車は13年経過後、ディーゼル車は11年経過後に約15%税金が上がります。

税金の種類は地方税になり、乗用車は都道府県税、軽自動車は市町村税です。

自動車重量税(国税)

新車の場合は登録時に3年分支払い、以降は車検ごとに2年分を支払います。

自動車重量税は車両重量ごとに課税され、13年後に約39%、18年後に約54%と2段階で税金が上がります。

税金の種類は国税です。

シミュレーション

ファミリー用途として人気のMサイズミニバン(排気量1986cc、重量1.6t)の場合はこのような結果になります。

13年未満
自動車税が39,500円、重量税が16,400円(32,800円の1年分)=合計55,900円

13年経過
自動車税が45,400円、重量税が22,800円(45,600円の1年分)=合計68,200円
13年未満と比較して+12,300円(22%増

18年経過
自動車税が45,400円、重量税が25,200円(50,400円の1年分)=合計70,600円
13年未満と比較して+14,700(26%増

エコカーは値上がりしない!?

電気自動車、ハイブリッド車は新規登録から13年経過しても自動車税や自動車重量税の重課はありません。しかし、今後制度が見直される可能性もあります。

まとめ

13年が経過すると自動車税と自動車重量税の重税により年間では10,000円~15,000円程の値上がりがボリュームゾーンになります。安くはない金額ですが、車の状態が悪くないのであれば急いで買い替える必要はないでしょう。

新車購入にお金を使うより多少メンテナンスしてでも長く乗った方が家計にも環境にも優しいはずです。

話は変わりますが、自動車税と自動車重量税は2009年に一般財源化さており、これにより道路整備など車に関係のない分野にも使える予算になりました。そうなると納税者として複雑な気分ですね。

-Car
-

© 2021 さらお公園